忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[273]  [271]  [269]  [268]  [267]  [266]  [359]  [265]  [264]  [262]  [261
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第3試合前、阿部リングアナによる現時点でのAブロック得点状況と、この試合後の結果が説明されました。第3試合の勝者→決勝進出。両者引き分け→上位得点4選手で代表者決定戦。両者リングアウト→健介vs諏訪魔で代表者決定戦。

【第3試合】 Aブロック公式リーグ戦
※シャイニングウィザード→体固め (19分21秒)
○武藤敬二 vs ●太陽ケア


自分はこの試合を最終日ベストバウトに推します。線としての繋がりの意味で良かったし、何よりケアが輝いていました。それ以上に武藤の受けが凄すぎたのだけれど…。

P1190430.jpgバックの取り合い、腕の取り合い。
先ずは、しっかりガッチリしたグラウンドから。
気力充実したケアの表情。



P1190442.jpg好試合になりそうな匂い…。







P1190445.jpgいつの間にか青コーナー側で控えていたTARU&諏訪魔。
両リン狙いの乱入。
武藤とケアを場外に落としボコる。
(まさかと思ったけれど、一瞬ヒヤリとさせてくれました)




P1190446.jpgセコンドの雷陣たちの手で控え室に戻されるVM。
武藤とケアはさしたるダメージもなく試合再開。






P1190453.jpgケアは大技で武藤の左腕を痛めつけ、
そこから腕をネチネチ一点集中攻撃。
片や武藤はケアの膝に照準を合わせ、ドラスク。





P1190455.jpg




P1190469.jpg







P1190478.jpgどの角度、どの体勢になってもひたすら腕に集中。
ケアのセンスは素晴らしい…。






P1190480.jpgこんな顔されたらね…。
勝たせてあげたくなっちゃうよね…。





何だか武藤がヤラれている写真ばかりになってしまいました。終盤のSW乱れ打ち(その内1発はケアの顔面にえげつなく入ってました)は凄かったです。でも受けて耐える武藤の魅力にグイグイ惹き込まれ、こちらが切なくなるような表情を追い続けました。


【第4試合】 Bブロック公式リーグ戦
※リングアウト (4分17秒)
●鈴木みのる vs ○TAJIRI 


みのるのテーマが掛かり、ん?(三冠チャンプが先に入場?)未だみのるの姿は見えず、青コーナー側からTAJIRIがコソコソっと登場。ん?ん?ん?(いまひとつ事態が掴めていない)ニヤニヤしながらリング下に身を潜めるTAJIRI。いったい何の目論見?

P1190508.jpgこれからイタズラを仕掛けるのが楽しくて仕方ない。
そんな子供っぽい顔。
何だかこちらも共犯者みたいなワクワク感。





P1190525.jpg


P1190527.jpg







三冠ベルトを持ったみのる悠々と登場。いつものようにリング下で観客を煽る。そして「かっぜ~になれっ!」で、おもむろにリングイン…ならず!何故ならスルスルっと反対側に身を移したTAJIRIが奇襲したから。完璧にリングインのタイミングを外されたみのるが怒りまくる。先にリングに戻り、ニヤニヤ待ち構えていたTAJIRIが更にトリッキーな動きでみのるを翻弄。こ、これは…爽快だ、爽快すぎる(TAJIRIさん、ありがとう)

まんまとTAJIRIの術中にハマり、リングアウト負けをしてしまったみのるでした。ラスト、場外でのやりとりが見えなくて「?何?どうしたの?…何かみのる負けたみたい?」その点ちょっと残念でしたが、烈火の如く怒りまくるみのるを引き出せたTAJIRIに拍手です。1つの作品として練り上げられた、鮮やかな試合を見せてもらいました。

みのるは妙な事ですが、初めて三冠チャンプらしく感じました。自分が見始めてからの三冠チャンピオンは、王者の名誉と引き換えに、汚れ役もこなさないといけないイメージがありましたから…。さて、次の防衛線は如何に?たまには「熱いみのる」が見たい!

PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao