忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急に思い立って見てまいりましたよ、イノキゲノムフェデレーション。

物凄く酷かったかと聞かれたらそうでもなかったと答えよう。
期待してなかった分、3000円のチケットなら許せる興行。
でも、もっとグダグダだったら別の意味で楽しめたかもと。
そんな感じです(よくわかんないね)


【猪木推薦試合1】○澤宗紀 vs ●石川雄規
(7分06秒 TKO)
実はこの試合が一番のお目当てでした。
SWから畳み掛けるような延髄切り(遠目ではそう見えたけど違ってたらスマン)
でKO勝ち。
澤選手、親父越え(お袋越え?)おめでとうございます。
ダークマッチ扱いだったけれど、
大会場で…というとこに石川選手の親心を感じました。

【猪木推薦試合2】○ロッキー・ロメロ vs ●エルブレイザー
(6分09秒 腕ひしぎ十字固め)
何故エルブレイザーがここに?
というか、中の人見るの今月2度目…。
今思えば義経やってた頃が一番良かったような気がする。 


このまま全部猪木推薦試合かと思いきや、ここから本試合でした。
の前に、猪木が出てきてご挨拶。ワタクシ、猪木を生で初めて見ました。
猪木は猪木してましたよ(当たり前か…)

【第1試合】●アレクサンダー大塚 vs ○ケビン・ランデルマン
(5分09秒 エビ固め)
アレクの入場テーマはやっぱかっこいいわ(ケビン知らなくてスマン)
序盤はアマレス風ポイントの取り合いといった感じ。
俵返しの応酬に少し沸く。でも唐突に終わって「え~~?」

【第2試合】●タカ・クノウ vs ○小原道由
(6分05秒 体固め)

あら、小原も今月2度目だわ(@健介道場マッチ)
マッドドッグバージョンのテーマ&コスで入場。
でも何か塩っけが…。もっと暴れろ~(タカ知らなくてスマン)

【第3試合】小武悠希、●松田英久 vs 上山龍紀、○田村潔司
(15分47秒 膝十字固め)
U-STYLE披露試合だそうです。田村選手以外は初見。
何か疲れてきて自主休憩してました。
湿気のせいだな!(そういう事にしておこう)
外ベンチに座っていても中から熱い声援が聞こえてこない試合。
田村ってこういう扱いでよい選手なの?

【第4試合】●安田忠夫 vs ○ジョシュ・バーネット
(4分17秒 腕ひしぎ十字固め)
ジョシュってこういう扱いで…(以下同)
彼にはもっと希望が見える試合をさせてあげたいなぁ。
試合後、安田と抱き合う藤原組長が空々しく思えました。

【第5試合】●マーク・コールマン vs ○小川直也
(6分44秒 スリーパーホールド)
小川は爆勝宣言で入場(こりゃ反則でしょう)
正直、小川が現在の(劣化した)村上に被って見えました。
ブレイクを即し、そのたびに吹っ飛ばされるレフェリーに笑いが。
この辺ちょっとプロレスっぽいか(何かが間違ってる)

【第6試合】○カート・アングル vs ●ブロック・レスナー
(10分36秒 アンクルロック)

ようやくプロレスらしいプロレスが見られホッと一息です。
って…もうメインかいっ(全試合正味約1時間半)


という訳で、あっという間に終わったIGFでした。
いつも無我を見に行き「無我って何かなぁ」と自問するように、
「IGFって何かなぁ」と考えつつ観戦しておりました。
自分なりの答えは「なんちゃって格闘技」でした…。

技キメられ絞られ投げられを耐え忍び反撃する。
そういうプロレスのエッセンスを排除すると、 ひじょーにつまんないものになるんだなと。
その意味でメインは頑張ってくれてました。
でも海の向こうのスーパースターに頼らざるを得ないところが残念…。

最後に、レフェリーにマイク付けるのはやめてちょうだい(冷めるよ)
PR
【第5試合】 6人タッグマッチ (17分24秒) ラリアット→体固め
○小島、健介、真田 vs TARU、諏訪魔、●YASSHI
 P1210558.jpg
またブレたヴァー!
未だに健介うまく撮れないのです…。
ついチカラが入っちゃうのです…。

P1210569.jpg







P1210574.jpgYASSHIの煽りマイクが終わると同時に全員場外乱闘。
健介は宿敵(?)YASSHIとやり合う。
というより健介が一方的におしおきしてました。
仕切りの鉄扉(凄く重い!)を片手でポイッ。
P1210577.jpg







P1210581.jpg序盤は真田がんばる。少し自信が付いてきたかしら?
但し後半はちょっと可哀想な展開。
諏訪魔に投げられたダメージでリング下でのびてました。
タッパがあるからもっと身体作れば良い選手になる筈。




P1210603.jpgまたまたブレたヴァーッ!(どうしょもないな自分…)
とにかく健介元気です。
ガーッと出てガーッとやっつけて気分爽快!





P1210610.jpgコジも吹っ切れたように元気です。
しつこく諏訪魔にペチペチしてました。
VMがポリタンクや椅子持参だったので無効試合?
と思いきや、後楽園には珍しいハッピーエンド。
真田「(小島とT28で)俺たちが引っ張るぞ~!」
真田惜しい!マイクかみかみ…。


P1210627.jpgやっと健介の正面が撮れました(コジは切れちゃった)
全試合終了後、コジがヒールターンでVM入りですって。
まあ、どうでもいいや。





【第6試合】 タッグマッチ (15分40秒) スリーパーホールド→レフェリーストップ
○武藤、土方 vs みのる、●MAZADA


P1210633.jpg久しぶりのみのるです。
お客さんにベルト触らせてあげるいいヒトです。






P1210644.jpg三冠の前哨戦ぽい武藤とのグラウンド攻防が良し。
相手を光らせ、それ以上に自分が光る武藤は凄いです。
武藤相手なら三冠戦も面白くなるかも。
実は未だにみのるの良さがわからない自分です…。
場外でグダグダ始まりつまんないので自主休憩(スマン)
戻ってきたらMAZADAがピクピクしてました…。ひぇ~!


【セミファイナル】Bブロック公式戦(18分35秒)ダイビングセントーン→片エビ固め
●ミゲル・ハヤシJr vs ○ディック東郷


P1210668.jpg


P1210683.jpg







P1210704.jpg


P1210739.jpg






P1210746.jpg


P1210749.jpg






これも良い試合でした。
シーソーゲームのような展開で勝敗の行方が最後まで謎のまま。
ディックさんの膝を執拗に攻めるミゲル。互いの身を削る攻防は見応え充分。
セントーンをキメる前、コーナーポストからミゲルを落とした技がえげつなかった~。


【メイン】 Aブロック公式戦 (19分47秒) キングコングラリアット→エビ固め
●中嶋勝彦 vs ○近藤修司


P1210776.jpgセコンドにつくVMの皆さん。
特に目立った悪さはしませんでした。
てか、そろそろ第一線で活躍する諏訪魔が見たいなぁ。



P1210779.jpg


P1210782.jpg







P1210794.jpg


P1210799.jpg







P1210857.jpg


P1210859.jpg







P1210865.jpgキングコングラリアット前のえげつない落とし方!
勝彦よく耐えました。
近ちゃんのラリアットがきれいに入ったので負けても納得。



確かにストンピングが沸き起こる凄い攻防だったけれど、両国のタイトルマッチからしたらまだまだって感じでした。この二人ならもっと熱く凄まじい展開を見せてくれるだろうって。勝手にレベル上げてますけど。しかも片方は19歳の少年なのに…。あと、足攻めやキメに入る前の技の流れがセミと被って見えたので少しマイナスで残念。


さてさて、楽しみにしていたジュニアリーグ開幕戦。次の観戦予定はいきなり横浜の決勝戦な訳ですが、他の組み合わせ試合も見たいと思いましたよ。優勝は誰かな?
 【第1試合】 トリプルスレッドマッチ (7分15秒) 首固め
○渕 vs 荒谷 vs ●菊タロー
 P1210441.jpg
荒谷のムーンサルト初めて見られました。
下には誰もいなかったけれど…。
荒谷の自爆をよそに渕さんが菊ちゃんにキメ。
相変わらずバカボンのパパな荒谷でした。





P1210449.jpg【ジュニアリーグ参加選手入場式】
近ちゃんとYASSHIは入場せず。

P1210452.jpg涼やかなディックさん♪







P1210461.jpgところで安部リングアナ、雰囲気変わりましたね。
髪型と…少しお痩せになったかしら?







【第2試合】 タッグマッチ (9分22秒) ボルケーノボム→体固め
ケア、○ハワイアン・ライオン、フィル・アトラスvs平井、●T28、ジョン・ドーリング


P1210463.jpgかなりタッパがあるジョン・ドーリング。
ケアと良い感じにやり合ってました。
久々にガイジン率多しでちょっと華やいでます。
フィルは可もなく不可もなく…。
P1210469.jpg







P1210480.jpg登場時、客席のお嬢さんにチューサービスのハワライ。
他は特に目立った活躍もなかったけれど、
最後はおいしいところ持ってきました。
T28は打撃にもっと重みが欲しいところですね。





P1210482.jpgセコンド業務の山口クン。
Tシャツの袖がパツパツですね!
機敏でないながら、よく周りを見て健気に働いてました。





【第3試合】 Aブロック公式戦 (7分45秒) 片エビ固め
○ペペ・みちのく vs ●エル・ノサワ・メンドーサ


P1210495.jpg場外、SWを鉄柵に誤爆し膝痛めるノサワ。
執拗に足を攻めるペペ。
でも、何かやっつけ仕事って感じでした。
二人ともリーグを勝ち抜く気迫が見られず!
あたしゃガッカリだよ。


【第4試合】 Bブロック公式戦 (12分33秒)  クレイドルショック→エビ固め
●AKIRA  vs ○クリス・セイビン

P1210498.jpgAKIRAかっこいいです~。
でもテーマは前の浮舟の方が絶対合ってた…。
クリスは色気のある選手ですねぇ。

P1210501.jpg







P1210511.jpg


P1210518.jpg







P1210522.jpg


P1210527.jpg







P1210539.jpg


P1210544.jpg







この試合はとても良かった!私的ベストバウトです。
別段、奇抜なことをするでもなく、物凄い大技を出すでもなく。
それで魅せるのは、ひとつひとつの技がしっかりしてるからでしょうか。
スピードを保ちつつ、きっちり当てる、きっちり絞める。
セイビンは勿論のこと、負けたAKIRAにも自然と場内から賞賛の拍手。
清々しい試合でした。T28はAKIRAのような選手を目指して欲しいな。
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao