忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [285]  [284]  [283]  [282
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

070429_135957_M.jpg昨日は千葉Blue Fieldに行ってまいりました。
ゴールデンウィークスペシャル初日観戦です。
はい、村上目当てですよ~。

清々しい五月晴れの中、のんびりとバスに揺られ青倉庫到着。
開場すると鉄平特製カレーちゃんこの良い匂い…。


070429_124117_M.jpgこのボーリュームで1杯300円、安い!しかもウマイ!
鶏肉、白菜、木綿豆腐、エリンギ、モヤシ、ニンジンなどなど。
具沢山で腹持ちも良いし、本当に美味しいんですよ~。
プラス100円でウドンも入れてもらえます。
前の人のウドン入りを見たら凄いてんこ盛り…。
自分は食べきれなさそうで残念ながら諦めました…。
で、猫舌なので口の中満遍なくヤケドしました(トホホ)
何か、ちゃんこレポに熱くなってるぞ。

という訳で、ちゃんこ紹介にチカラ使い果たしたため観戦レポは簡単に(をぃをぃ)
あ、デジカメ持って行かなかったので携帯画像少々でご容赦を。

【第一試合】K-METAL LEAGUE’07公式戦 時間無制限1本勝負
○梶ヤマト<1点> VS ランディ拓也<0点>●
(5分33秒 スパイダーロック→ギブアップ)

毎年恒例、新人の登竜門的リーグ戦です。
梶ヤマトは既にベテランの雰囲気を醸し出している不思議な選手です。
ランディはまだまだ印象薄いからもっとがんばれ。


【第二試合】K-METAL LEAGUE’07公式戦 時間無制限1本勝負
○滝澤大志<1点> VS 藤澤忠伸<0点>●
(5分13秒 変形コブラツイスト→ギブアップ)

滝澤、ちょっと気になる選手。190の長身。モッサリかと思えば結構スピードもある。
何となく顔が若い頃の小橋に似ています。身体付きはどちらかというと田上(を)
逆水平が凄く良い音出しているので、今後がとても楽しみです。
藤澤はKAZMA風。上背はそんなに無いけどガッチリしています。

日常生活での5分はあっという間ですが、プロレスで5分見せるのはなかなか大変。
一通り持ち技出して終わりの自己満足になるか、より高みを目指せるか。
横一線に並んでいても、少しずつ差は付いてきますね。若手クンたちがんばれ!


【第三試合】タッグマッチ時間無制限1本勝負
○ヤスウラノ&Mr.X VS アップルみゆき&中川ともか●
(19分22秒 ツームストンパイルドライバー→片エビ固め)

オトコ対オンナ。勝敗の行方は目に見えてます。ミックスした方が良くないか?
思いましたが、他団体に移籍する中川の壮行試合のようでした。
ヤスとMr.Xにやられてヘロヘロの中川がアップルにタッチ要求。アップル拒否。
「やり返せ!やり返してからにしろ!」とアップルのダメ出し。
バチバチしばくヤスに打ち込んだ中川渾身のラリアットは素晴らしかったです。
試合後、ヤスがトレードマークのバンダナを中川に贈ったのが印象的。
アップルには蹴り入れてました…ヤスいいなぁ。
巣立つ選手と残る選手の気持ちが伝わる良い試合でした。


【第四試合】タッグマッチ時間無制限1本勝負
○真霜拳號&澤宗紀 VS 村上和成&原学●
(18分17秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)

とても良かった~♪ バチバチのバトラーツスタイルで見応えありました。 

070429_142412_M.jpg村上はやっぱチャーミングだわぁ(言わしといてね)
でもって打撃系中心のプロレスなら見られるんだなと(を)

嬉しい誤算は原。少し見ぬ間に巧く強くなってました。
右足での蹴りをキャッチされたまま、
その足を軸にクルっと回転して腕ひしぎに持って行く。
ちょっとした一連の動作が鮮やかで魅せられました。
色んな団体に出てスキルアップしたのかな?
原は前々からちょっと注目してたので、これは嬉しい。 何となく応援したくなる選手。

070429_142422_M.jpg澤も良かったです~。しっかり見せ場を作ってました。
フラッシングエルボーは本家より素早く鮮やか(ははは)
ドラスクからLOVEポーズしてのSWは原にスカされましたが、
カットに入った村上にSWをビシッとキメてました。

で、真霜は村上と原の攻撃をどっしり受け止めカッコよすぎ。
蹴りがビッシビッシ決まって見ているこちらも爽快。
4人とも相手に順応して噛み合う試合だと盛り上がりますね!


【第五試合】6人タッグマッチ時間無制限1本勝負
○筑前りょう太&KAZMA&PSYCHO VS 柏大五郎&円華&房総ボーイ雷斗●
(23分37秒 がつんといくばい→片エビ固め)

正直、セミがメインの方が良かったかなぁ…。
メインは何だかバランスが悪くて、自分的にいまひとつ乗り切れませんでした。 

で…いつもながらキング柏は頭突き殆ど当ててないのがどんなもんかなと。
勿論、本気の一発は「ゴッ」と凄い音しますよ~。
まぁ、全部本気入れると晩年の大木金太郎さんみたいになるから仕方ないか。


という訳で、簡単なつもりが結構ダラダラと書いてしまいました。
写真無いとこうなるのね…。

PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao