忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月19日(土)19:00~ 健介オフィス道場
先ずは健介のご挨拶から。やはりこの顔を見るとホッとします(私はいきなりニコニコ♪)
DSC05670.jpg
DSC05695.jpg





新たに入門した練習生2人もセコンドで頑張ってました。
写真左・鈴木隼人君。写真右・白石健太郎君。
(手元の資料見ながらですが、もし間違っていたらごめんなさい)
健介オフィスに入る子たちは、みんな良い名前ですね。
DSC05710.jpg
DSC05713.jpg





マサさんは本部席に腰を据えての御目付役です。
甲斐甲斐しく働いていた北斗に誠之助君が甘える場面も…。
健介ファミリーが提供してくれる空間は温かく、とても居心地が良いのです。
DSC05705.jpg
DSC05743.jpg






【第1試合】 10分55秒 なまタニック
○なまずマン vs ●菊タロー
5918a226.jpeg
DSC05745.jpg






kikutaro.jpgとにかく菊タローの喋りが冴えてました。
全日からお呼びが掛からない自虐ネタから始まり、
場外エスケープしつつなまず弄りと絶口調。
お約束の「宴もたけなわですが」で笑わせながらも、
その実けっこう濃い内容で試合巧者っぷりを見せてくれました。
エルボー2連発後ローリングエルボーに行くとみせかけ逆水平・・・ほほお面白い。
なまずは飛んだり跳ねたりは控えめ、じっくりとした攻防が得意そうでした。
試合をコントロールした菊ちゃんが良い感じで光り、とても面白かったです。

【第2試合】 16分24秒 ジャーマンスープレックスホールド
宮原健斗、●吉川祐太 vs ○原学、柿本大地
 
DSC05783.jpg
DSC05803.jpg







bd1f59c6.jpeg
DSC05865.jpg







DSC05887.jpg
DSC05894.jpg





私が健斗を気に入っている理由は、彼に他の選手が触発され試合が熱くなるからです。
そして健斗の「くじけぬ心」は日に日に大きくなっているような気がします。
数々の経験が次の試合に反映され・・・成長著しい選手を見るのは楽しいですねえ。

ところで本来ならこの試合は高志&健斗の筈でしたが、竜志の欠場でカード変更。
高志は第3試合で勝彦と組み、健斗のパートナーには代打でバトラーツの吉川。
年下の元・先輩である原とのバチバチに期待しましたが、やはり壁は厚かったです。
原と柿本は初タッグながら、いじめっこコンビといった雰囲気で憎たらしさが出てました。
柿本は自分の試合後にしっかりエルド勢のセコンドに付いてましたから、
何かを掴もうという気持ちが溢れているのかもしれませんね。SEMが楽しみです。

【第3試合】 14分31秒 ジャーマンスープレックスホールド
○中嶋勝彦、紀田高志 vs ベアー福田、●CHANGO 
DSC05908.jpg
DSC05909.jpg







DSC05957.jpg
DSC05963.jpg







DSC05985.jpg
DSC06007.jpg







DSC06063.jpg
DSC06067.jpg







DSC06072.jpg
DSC06093.jpg





勝彦とチャンゴによる渋いせめぎ合いから高志と福田に代わり力勝負のぶちかまし。
緩急があり初見のお客さんにもわかりやすい始まり方でした。
福田とチャンゴは巧みな連携で勝彦&高志を追い込んでくれました。
高志は勝彦のリードで奮闘するも、次第に遅れをとる展開に・・・。
勝彦がタッチしたい時、高志はダメージのあまりリング下で立てなかったりと、
試合後のシュンとした顔が語るように高志は反省点が色々あったと思います。
「次に頑張ればいいさ」とばかりに慰める勝彦は頼もしいお兄さんですね。
そして「次」はこの2人でSEMにおいて丸藤&青木と当たります。がんばれっ。


健介オフィスの若手だけによるホームタウンマッチも今回で3回目となりました。
当初は少ない人数でどう回して行くか、飽きるのではないかと不安もありましたが、
なかなかどうして回を重ねるごとに面白さが増してまいりました。
誤魔化しのきかない距離で試合が見られる迫力もさることながら、
観客のダイレクトな反応や声援が選手の成長の糧になっているような気がします。
熱い気持ちを返し返され・・・理想的な環境が吉川に育ちつつあります。
次回ホームタウンマッチは5月31日(土)18:00からですよ!
PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao