忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [187]  [186
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【第4試合】シングルマッチ 30分1本勝負 (7分44秒)
○藤波辰爾 vs ●グラン浜田

P1150879.jpgグラン浜田も初見です。
何となく全日で見た事あるような気がしますが。
(ミニ・ラブマシーンの中のヒトかしら・・・)
リビング・レジェンド同士の戦いですね。
てか、藤波は現役バリバリ、スタミナ無尽蔵て感じ。
プロレスの遥か高みに居ます。



P1150881.jpgドラゴン・スクリュー2発め、受ける側の浜田、
早くもスタミナ切れか、足がもつれ綺麗に決まらず。
「あちゃー」それでも巧く立て直しグラウンドへ。
いぶし銀の攻防で魅せてくれます。




P1150886.jpg藤波は余裕綽々。
ドラゴン・スリーパーを仕掛け、レフェリーストップ。
もっと見ていたかったなぁ・・・。
そこそこ見応えある試合だったけれど、
取り敢えず、お年寄りはもう呼ばなくていいです。




【第5試合】シングルマッチ 3分10R フルラウンド引き分け
△西村修 vs △川田利明

ラウンド制という珍しいモノを見せて戴きました。正直ハズシましたね、この試合。プロレスとラウンド制は、相容れないと心から実感。西村は何を考えてコレがしたかったのかなと。提唱した本人にもあまりメリットが見られなかったなと。第一、判定が無いのが変。逃げ切り、ポイント稼いで勝ちってもんじゃないし。大いに疑問が残りましたね。でも西村と川田だからこそ、酷くグダグダにならずに最後まで持たせられたのでは・・・とも。つまんなかったのではなく、やっぱ消化不良としか・・・。流れぶった切りは気が萎れます。

P1150909.jpgP1150911.jpg







P1150923.jpg手の取り合いから、じっくりとしたグラウンドへ。
途中「1分経過」「2分経過」のアナウンス。
3分間はあっという間です。





P1150926.jpgラウンドの合い間はこんな感じ。
普通にセコンドが入ってお世話する。
何だか不思議空間です。





P1150928.jpgゴングと同時に仕掛ける川田。
えげつない踏みつけを凌ぐ西村。
で、いい感じになってきたところでゴングと。





P1150936.jpgP1150955.jpg







P1150966.jpg

お互い、流れを自分に手繰り寄せるべく場外乱闘も。







P1150980.jpgP1150992.jpg







P1160004.jpgラウンドごとに見せ場はありました。
蹴る、絞る川田に対して西村は徹底的に足攻め。
終盤は意地のぶつかり合い。





P1160023.jpg最終ラウンド、西村が足四の字キメるも、
体勢換え&張り手で粘る川田。
結局、雌雄を決する事ならず。





P1160029.jpg終了後、ヒンズースクワット、プッシュアップ、ブリッジ・・・。
「こんだけ元気」アピール…二人ともバカだ(誉め言葉)
こうして試合を見返すと凄く良く思えてくるんですけど、
やはり返す返す試合方式の失敗が残念でなりません。
でも川田の間口の広さ、引き出しの多さには改めて感服。
何処でもハイレベルに順応できる川田って凄いわ。

PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao