忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[202]  [201]  [200]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【第4試合】6人タッグマッチ (13分38秒 マイクマジック(変形エビ固め))
火野裕士、●稲松三郎、山縣優 vs JOE、Mr.X、○マイク・リーJr.

P1160290.jpg闇に浮かぶシルエット。
その名も「J・O・E the Handsome」
登場しただけで会場大盛り上がり。
このところJOEはハンサム街道驀進中です。




P1160297.jpg

好敵手・火野との攻防は安心して見ていられます。







P1160305.jpg

P1160306.jpg







P1160307.jpg火野と稲松のダブルのフェイスバスター。







P1160321.jpg今回はマイクが結構がんばってました。
いつも脇役の選手にスポット当たるのは良い事です。






P1160334.jpgMr.Xと山縣。
山縣はオンナというハンデを気にさせない。
ちゃんと男子をぶん投げられるし。
違和感なく見ていられます。




P1160350.jpg劣勢逆転の毒霧で稲松をフォールしたマイク。
MC担当(マイクもJOEも喋らない)のMr.Xが通訳?
次はJOE&マイクでベルト奪取に臨むそうです。





P1160373.jpgセコンドのヤス(き、金髪!?)
客席を移動しながら「ハンサム~!」コール。






P1160364.jpg新発売のハンサムTシャツ。
好評発売中(本気で飛ぶように売れてましたよ)
この後、代々木でトークイベントだとか。
遅くなりそうなので断念・・・残念。





【第5試合】シングルマッチ (20分11秒 デスペナルティー→片エビ固め)
●KAZMA vs ○MIYAWAKI

P1160393.jpgオメガのメンバーMIYAWAKIです。
(ちょっと一頃のMAZADAに雰囲気似てますね)
当然、YOSHIYAとバンビがセコンドに付きます。





P1160400.jpg真っ向から当たるとKAZMAに叶わない。
場外乱闘に持ち込み、KAZMAを消耗させる。






P1160409.jpgセコンドの助力も得てKAZMAを追い込む。







P1160421.jpg落ちたか秘儀死んだフリかちょっとわからない。
ここからKAZMAが逆転かと思われたが・・・。
急にMIYAWAKIが膝を押さえ苦しみ出す。
靭帯やっちまった?




P1160445.jpgかなりの時間もがき痛みを訴えるMIYAWAKI。
「もう無理だろ」「試合止めろよ」の声が。
突然スックと立ち上がり「ウソだよ~ん」
迫真の演技だったけれど、コレはいただけない。
怪我芝居でお客冷めさせるのは反則。



P1160472.jpgさあ反撃。







P1160483.jpg普通にやってればKAZMAの勝ち。
またもやセコンド介入でよもやの負け・・・。






P1160491.jpgMIYAWAKI、ヒールとして悪くないですよ。
チカラ負けする相手に姑息的手段を用いるのはアリ。
KAZMAは脳内筋肉なせいか(ここが好きなんだけど)
戦い方が直線的すぎたかも。いまひとつ乗れない試合。
それにしてもプロレスはつくづく流れが肝心。
怪我芝居でリセットされた気持ちをどうしてくれるのかと。



【第6試合】「KAIENTAI DOJOという名のタッグリーグ戦'07」決勝戦
(23分12秒 シューティングスタープレス→エビ固め)
(GET)●大石真翔、旭志織 vs (RAVE)真霜拳號、○円華


P1160510.jpgいずれ菖蒲か杜若(表現古いか)
清々しい美しさの2人でございます。
試合前の映像でタッグリーグの経過を紹介。
度重なる乱入で勝ち上がったオメガ。
円華はそのせいで足を負傷したようです。



P1160512.jpg「フェアに行きましょうや」と怪しい握手を求めるオメガ。
当然のようにウソなんですけど。






P1160522.jpgはい、何やっても真霜には通じませんね。







P1160529.jpgならばと円華に矛先を向けます。







P1160533.jpg徹底的に足攻め。
これはセオリーです。






P1160537.jpg交代した旭も徹底的に。
まあ、ここまでは良かった。
セコンド介入時間が長すぎたのは大失敗。
誤爆からレフェリー失神、不在になってしまう。
試合の収拾がつかなくなり観客騒ぎ出す。
もうグダグタ・・・。



P1160576.jpg何とか真霜が立て直し、大石に垂直落下。







P1160577.jpg仕上げは円華のシューティングスターで決まり。
会場は盛り上がったけれど・・・くだらない試合でした。
どっちがどっちでなく、試合に参加した選手全員の責任。
決勝戦でコレはないっしょ。




セミとメイン、ヒール側のセコンド乱入という同じパターンは飽きます。それに子供の頃、散々テレビで見た昔のプロレスパターンだし。懐かしさより「今更こんなの見せられても」と気持ち冷めまくり。KAIENTAI DOJOには、シンプルな攻防で魅せるプロレスを期待しているのに。普通に試合を見せて貰えないかなぁ。自分の頭が硬いのかなぁ・・・。

正直言ってメイン序盤で帰ろうかと思ったんですけど、「観戦レポ書かなくちゃ」なんて妙な義務感で最後まで見てしまいました。でも次からツマンナイ試合があれば、我慢しないで帰りますよ。好きなプロレス見に行ってストレス溜めたくないもん。

PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao