忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [391]  [392]  [393]  [390]  [389]  [388
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(4)からの続きです

【メインイベント】 18分27秒 ファイアーサンダー→片エビ固め
○ミスター雁之助、藤田峰雄 vs マンモス佐々木、●宮本裕向

久しぶりの雁之助。といっても見るのは2回目でしかありませんが。
しかも初めて見たのは1月の無我興行。何か不思議なとこで見てます…。
マンモスは初見。宮本は3回目(初回は殆ど記憶無し)
藤田(誰かと思ったら、みねぴょんと呼ばれてる人?)は2回目ながら、
ちゃんとした試合を見るのは初めてという(前回666でチラッとしか…)

という訳で、自分的にあまりお馴染みでないメンツでございます。
若い子3人は雁之助がプロレスの手ほどきをしたとかで。
その辺の足跡はよくわかりませんが試合を通して雁之助が
3人の成長ぶりを確かめていたように感じました。

ところで雁之助のコール時に金のテープが舞ってとても綺麗でした。
でも紙じゃないのでセコンド(松本、あおい、真琴、あと和美?)の女の子たちが
片付けるのにちょっと苦労してました。引っ張っても切れないと大変ですね。

先発は雁之助とマンモスでじっくりとした立ち上がりで渋く魅せます。
頓珍漢な感想かもしれませんが、クラシカルなプロレスは
どちらかというとインディー系で多く見られるような気がします。

マンモス、デカい…。昔懐かしい雰囲気を持った選手ですね。
何となく若い頃のジャンボ鶴田を思い出しました。堂々として宜しい。
体格のわりにチョップが少々軽いのが気になりますが、
相手をコーナーに振ってのボディアタックはさすがにどよめきました。
マンモスのパワーに苦しめられた雁之助が藤田と交代。マンモスも宮本にタッチ。

藤田対宮本、ジュニアらしいそれはもう目まぐるしい攻防でした。撮影追いつかない…。
藤田から雁之助に代わり、雁之助が宮本をねちっこくいたぶります。
宮本は何と言うのか…しぶとい!粘りに粘って雁之助をヒヤリとさせました。

それでも雁之助はマンモスと宮本の攻撃を受け切り、老獪に切り抜けました。
ベテラン選手を見ると、年を重ねることはけしてハンデではないんだなと。
体力やパワーは減るけれど、踏んだ場数の分だけ経験という財産がありますものね。

そんな訳で、野生の勘で選んだ鬼神道ですが、
第1試合からメインまでどの試合も大変楽しゅうございました。
最近「当たり」を引く確率が上がっているので嬉しい限りです。
次の観戦は12/7FutureStar@新木場ですよ(老師トウ・ゴーが出ます♪)

b2fc74cejpeg
639f14f3jpeg







93d93ad5jpeg
d599b5d2jpeg







8b4cafabjpeg
570a1714jpeg







5c901421jpeg
8cd547eejpeg







e2af93a9jpeg
258475a8jpeg







6ebebca3jpeg
923c3603jpeg







2eabd3e0jpeg
50d385a2jpeg







deb9e168jpeg
7b9387e9jpeg






PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao