忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [391]  [392]  [393]  [390]  [389
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『FutureStar vol.4』 新木場1stRING 開場19:00 開始19:30

FutureStarのチケットには整理番号が記載されています。
開場5分前に直販とプレイガイド組が2列に並び若い番号順に入場します。
開場時間に遅れた場合は何番でも最後尾。これは公正で良い入場方法ですね。
あと、各試合前にリングアナが選手同士のこれまでの絡みなどを紹介してくれます。
アイスリボン初心者の自分にはとてもわかりやすく興味深かったです。
お断りとして。写真撮影NGのため今回は観戦に専念いたしました。
試合結果はアイスリボン公式HP〔ice-ribbon.ne07.jp/〕を参考にさせて戴きました。


【第1試合】  ○みなみ飛香 vs ●真琴 (7分40秒 ブロックバスターホールド)
真琴がライバル視している飛鳥は学校の部活の関係で年内最終試合とか。
10分1本勝負。引分けになりそうな雰囲気でしたが7分過ぎに飛鳥がフォール勝ち。
真琴が押しているように見えてその実、飛鳥がコントロール…に感じる試合でした。
でも真琴の打たれ強さに驚き。飛鳥のフロントキックをしっかり真正面で受けてました。
果敢に吊り天井に挑戦するも持ち上がらず、起き上がりそのまま飛鳥をぶら下げ。?
ちょっと謎でしたが終盤スタミナ切れしなければ真琴はもっと飛鳥を追い込めた筈です。
「真琴50キロ~!」と叫びながらのボディアタックには和みました。

※後日補足&訂正
先輩ファンの方から教えて戴きました(ご指摘ありがとうございます!)
真琴が狙った技は吊り天井でなくカンパーナ(釣り鐘固め)だそうです。

【第2試合】  ●夏実りか vs ○しもうま和美  (4分43秒 逆エビ固め)
りか(タレント部門)に水をあけられた和美は闘志に火がついたそうです。
和美はこの前の鬼神道でセコンド業務をとてもよくこなしていました。
裏方の仕事を率先してやる選手は何だか応援したくなります。
りかもプロレスにしっかり向き合っているように思えて好感が持てました。
まだ2人とも駆け出しながら相手に負けまいとする気持ちがよく出ていました。
最後は和美がきれいに腰を落としての逆エビでりかからギブアップを奪いました。

【第3試合】  ○りほ vs ●桃瀬麻美 (4分07秒 さくらえび固め)
麻美もタレント部門の選手。新人の麻美を「ボコボコにする」と、りほの意気込み。
会場から温かい笑いが出ましたけど有言実効のりほでした…。恐るべき小4…。
りほは柔軟かつ抜群の身体能力、優れたプロレスセンスをお持ちです(思わず敬語)
淀みなく流れるように繰り出す技に終始お口アングリしてしまいました。
麻美が二度三度と放ったドロップキックを吹っ飛ぶことなく受け止める強さもあります。
逆に麻美はちょっと気持ち的に弱いかなと。りほの攻撃にマジで泣きそうでしたから。
終盤立て直して少し根性を見せた麻美でしたが結局りほの貫禄勝ちでした。

【第4試合】  ●さくらえみ vs ○米山香織 (10分37秒 ソバット→体固め)
米山は9日のJWP後楽園大会で日向あずみが持つベルトに挑戦するそうです。
「自分をもっと知ってもらうために」という武者修行でアイスリボンに参戦。
米山も初見ながら、さくらの試合を生で見るのは実は初めてだったりします。
ゴングと同時に両者ドロップキックの相打ちで始まり激しい展開。
さくらが余裕を見せるも米山が食い下がり意地と意地のぶつかり合い。
華麗な飛びや投げもありましたが心に残ったのはさくらの逆水平です。
身体の芯に響くようなチョップで米山をたじろがせました。
両者引かないシーソーゲームでしたが残念なことに最後は微妙な結末に…。
米山がカバーに入りさくらが肩を上げたかどうかのタイミングでカウント3。
(2.99くらいに思えましたけど、寸前に見ていたさくらの顔は終わっている風でした)
客席がザワつき…咄嗟に米山に仕掛けて再度フォール負けをしたさくらでした。

※(2)に続きます
PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao