忍者ブログ
佐々木健介選手参戦団体などのプロレス観戦記&雑記(サムネイルクリックで拡大)
カテゴリー
 ◆ 佐々木健介(102)  ◆ 2006上半期観戦(59)  ◆ 2006下半期観戦(36)  ◆ 2007上半期観戦(51)  ◆ 2007下半期観戦(51)  ◆ 2006雑記(20)  ◆ 2007雑記(33)  ◆ 全日チャンピオンカーニバル2007(17)  ◆ 注目選手(7)  ◆ お知らせ(2)  ◆ 2008上半期観戦(54)  ◆ 2008雑記(4)  ◆ 健介オフィス(9)
 リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
yoko
性別:
女性
NINJA
ninja
[380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【休憩明け】 ※(1)からの続きです

【第4試合】 11分06秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
○真霜拳號 vs ●原田大輔(大阪プロレス)

原田は未知の選手で、試合が始まるまで予想もつきませんでしたが。
とても見応えある良い試合となりました。

どっしりと構える真霜に喰らい付いて行く原田。
とてもシンプルな構図ですけど、原田の気合がよく出ていたと思います。
原田はアマレス出身でしょうか。投げ技が独特で美しいです。
ふてぶてしい形相で原田の気持ちに火をつけた真霜も評価したいですね。
それにしても真霜は登場したたげで煌びやかなオーラを感じます。

負けた原田が退場するとき、観客から温かい拍手が上がりました。
良い試合はプロレスに馴染みのない方達にも伝わる…嬉しくなりました。

DSC04454.jpg
DSC04490.jpg







DSC04505.jpg
DSC04512.jpg







DSC04520.jpg
DSC04528.jpg







DSC04533.jpg








【セミファイナル】女子総合格闘技エキシビジョンマッチ 5分1R(時間切れ)
△美花 vs △白虎

武道大学出身の美花選手。エキシビジョンというより公開スパーリング…かな?
(ごめんなさい、写真うまく撮れませんでした)
総合はよくわかりませんけど、美花選手は打撃・寝技ともに対応できますね。
ただ相手の白虎選手がキックボクサーなので充分な攻防が見られず、
実力的にちょっと不透明なまま5分が過ぎたような気がします。

DSC04561.jpg
DSC04564.jpg







【メイン】 18分30秒 ラリアット→体固め
TAKAみちのく、JOE、●KAZMA 
        vs 筑前りょう太、円華、○佐々木健介(健介オフィス)


さてメインです。思いっきり私情挟み健介中心の写真を貼るけどスマン。

KAZMA先に入場。チーム・ハンサム登場。円華・筑前・健介の順に入場。
チーム・ハンサムも不思議ですが(チーム組んでから初めて見たので)
健介の隣に円華が立つのもかなり不思議な光景です(筑前切れてスマン)
まあとにかく、健介が姿を現したときの大歓声。お客さん喜ぶ喜ぶ。

DSC04567.jpg
DSC04575.jpg






先発はJOEと円華。JOEがゴツゴツ、円華押され気味。
TAKA対円華からTAKA対筑前へ。TAKAぶちかましで負けエルボー効かず。
ならばとサミング。受け方・魅せ方・やはりTAKAが一枚上手です。
そして健介対KAZMA。大喜びの観客。「ん?」気をよくする健介。

DSC04598.jpg
DSC04602.jpg






ロックアップから逆水平。KAZMAが打ち込む。凄い音に観客どよめく。
健介、先ずは様子見に一発。KAZMAがお返し。
健介、思いっきり打ち込む。「ゴッ」て音がしました。骨に響く音…。
いやぁ…こればっかりは会場で体験してみないとわからない音です。

DSC04613.jpg
DSC04617.jpg






DSC04620.jpg逆水平の攻防が終わり両者交代しようとすると、
「佐々木~ちょっと待ったあ!」TAKAの見せ場。
全日では久しく見られない光景です。
TAKAがガツガツとチョップ。
健介が涼しい顔で「効かないよ」みたいな。
挙句にガツンと一発お返しで引っくり返るTAKA。


DSC04648.jpg
DSC04651.jpg






DSC04667.jpg
DSC04669.jpg






KAZMAが「アックスボンバー!」と叫びながらロープに走り、
健介へ一発・二発・三発…倒れない。四発めでやっと倒れる健介。
健介がお返しのラリアット。一発…KAZMA持ちこたえる。会心の二発めで終了。
この後しばらくKAZMAは起き上がれませんでした…。

DSC04683.jpg
DSC04686.jpg







DSC04689.jpg何か健介しか見てなくてスマンかったという…。





TAKAは記憶を飛ばしながら(本当に試合のこと覚えてないらしい)
しっかり受けて攻めて最後のマイクまでこなしました。
円華は捕まる展開が多かったけれど鮮やかに飛んで挽回しました。
筑前は普段と変わらぬ安定感を見せました。
JOEは一見さんが多いためハンサムポーズは控えめながら、
ハンサムぶりをアピールしました(健介が不思議そうに眺めてたのが可笑しい)
そしてKAZMA。健介と当たって何か感じるものがあれば嬉しいですね。


という訳で終始KAIENTAI DOJOをしっかり堪能させて戴きました。
で、思ったのは。プロレスはそのもの自体がエンタテイメントなんですよね。
無理に仕掛けや仕込みをしなくても、キッチリとプロレスを見せれば、
お客さんはニコニコ幸せ気分になれるんだなあと。
今回のような興行を見るとまた観戦意欲が沸いてまいります。
ホント、行って良かったです。主催者様・選手の皆さん、ありがとうございました。


最後は「うほっ」な健介写真をば。かっこいいのと可愛いのと…うふふ(怪)

DSC04690.jpg
DSC04709.jpg







DSC04726.jpg
DSC04735.jpg






PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao